ストックフォトはクリエイティブな問題を解決するための簡単に利用できてお手軽価格な画像のことです。

しかしひとことに言ってもライセンスの種類はいくつかあるので、混乱しないようにストックフォトの大部分を占める3種類のライセンスについて今日はご説明したいと思います。

ストックコンテンツのライセンス

1. クリエイティブコモンズ(CC)

【必読】写真&イラストのライセンス形態3種 - 123RF Blog

クリエイティブコモンズライセンスを持つ写真は一般的に自由に利用することができます。つまり利用するだけはもちろん、お好きなように加工することだって可能です。

ではその写真がクリエイティブコモンズかどうかを見分けるにはどうすれば良いでしょうか。

クリエイティブコモンズの写真にはそれを表すCCマークが写真に加えられています。

基本的にこれらの画像についてはクレジット表記やオリジナルソースの明記が必要とされることが多く、他にも追加の表記などを求められることがあります。

分からない場合は画像の権利を持つソース元にどのような形式で行えばいいか問合せましょう。
クリエイティブコモンズライセンスについて更に詳しく知りたい場合はクリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトもチェックしてください。

次の2つのライセンスはストックフォトやストックイラストの主なライセンスです。

2. ロイヤリティフリー(RF)

Discover The 3 Types Of Stock Content Licenses - 123RF Blog

ロイヤリティフリーは「フリー」という名前が入っていますが、無料で自由に使っていいものではありませんので気をつけましょう。

ロイヤリティフリーの画像を購入するということは、その画像の著作権を持つという意味ではなく利用するためのライセンス料金を支払っているという状態です。

このライセンス料を支払うと同じライセンスの範囲内であれば追加料金を気にせず何度もご利用いただく事ができるというのが特徴です。

料金設定は必要としている画像のサイズや用途によって変わります。

ロイヤリティフリーストックフォトのサイトでは特別ライセンス(サイトによって呼び名が違います)という、スタンダードライセンスより少し高い値段の設定で提供しているものがあることが多いです。

スタンダードライセンスではまかなえない用途に利用したい場合は、この特別ライセンスで購入すると利用できます。

123RFでは商品パッケージの利用やソフトウェア・アプリなどに組み込んで販売する場合などですが、サイトによって違うので各サイトの利用規約は必ず確認してくださいね。

123RFのライセンス概要はこちらからご確認いただけます。

3. ライツマネージド(RM)

Discover The 3 Types Of Stock Content Licenses - 123RF Blog

ライツマネージドの画像は利用ごとに支払いをする必要があります。

もしライツマネージドの画像を他の用途にも使用する必要があれば、追加のライセンス購入が必要です。

ライツマネージドライセンスの購入をする際には下記の利用方法を確認しましょう。

  • 何の用途に利用するか
  • どうやって流通するか
  • どんなメディアに掲載するか

ロイヤリティフリーとライツマネージドの違いについては以前も詳しく説明しているので良ければこちらの記事もご覧ください。

ストックフォトのライセンスは複雑でわかりにくい一方、コントリビューターである写真家やクリエイターの権利を守る形態です。

近年イラストや写真の無断使用によるサービス停止や訴訟問題が数多く発生していますが、このような問題を避けるためにストックフォトライブラリからダウンロードするように心がけましょう。
「インターネットにある画像は全て誰かが著作権を持つもので勝手に利用できるものではない」と心にとめて利用すると安全です。

もし著作権侵害を犯してしまったら、画像の利用差し止めと共に高額の罰金の支払い命令を受けることとなります。さらに重大なケースになると裁判になることもあります。

しっかりと利用規約を確認して健全な画像の利用をしましょう。

123RFでは下記でライセンスの相談を受け付けているのでお気軽にお問合せください。