海外生まれの商品を販売したり、サービスを紹介したりする場合、日本人向けにアプローチを変えて紹介する方が受け入れてもらいやすくなりますよね。

コピーライターによるコピーが強いメッセージを持つ一方で、ビジュアルイメージもメッセージを一瞬で送り届けて人々を惹きつけることができるという重要な役割を担っています。

マーケティングキャンペーンのためにローカライズされたコンテンツを使う4つのコツについてお話しますので、ぜひ参考にしてみてください!

1. スポーツ産業

ローカライズコンテンツをマーケティングキャンペーンに利用する方法 - 123RF Blog
これぞ正真正銘のフットボール

ナイキ、アディダス、アンダーアーマーのような大手のスポーツブランドが商品を発売する時、世界中の顧客に向けて宣伝をしますが、まずは地元の顧客をターゲットにしています。アメリカの男子サッカーチームのスポンサーがナイキであることは、当然ともいえますね。

また、アディダスがドイツのサッカー代表をサポートしていたり、プーマがイタリア代表を支持していたりしますが、その一方で、世界中の顧客をターゲットにする際には各ブランドとも全て同じではなく、特定の地域に向けてそれぞれ広告を作成した方が良い効果を得られます。上記のイメージ例ではブラジルで撮影されたものなので、ブラジルの人々をターゲットにしたマーケティングキャンペーンに役立つことでしょう。

2. ファッション業界

ローカライズコンテンツをマーケティングキャンペーンに利用する方法 - 123RF Blog
アンコールワットを使った東南アジア向けのマーケティング例

ファッション業界では、外国人労働者や低賃金で働く人々へのひどい扱いが、時間の経過とともに表面化しています。そんな中、ブランドがソーシャルメディアで良い意味で目立つ方法があるとすれば、ローカライズされた宣伝を用いて顧客との距離を近づける方法が良いですね。

Pestle & Mortarの例に見てみましょう。こちらのブランドでも、東南アジア地域に焦点を当てて、それらの地域コミュニティと結びつきの強い動画や写真、マーケティングキャンペーンを用いてターゲットを惹きつけています。

3. 食品・飲料産業

ローカライズコンテンツをマーケティングキャンペーンに利用する方法 - 123RF Blog
日本のコカコーラのマーケティングキャンペーンと結びつける事ができる赤と白の傘

これまで紹介した業界と同様に、食品・飲料産業も世界中の顧客に向かって大規模な宣伝を行なっています。

ネスレやコカコーラはブランド力が強いですが、日本とアメリカでは同じコンテンツを使っているわけではありません。ローカライズされたコンテンツを使うことで、その地域がマーケティングキャンペーンと密接に関わることができ、結果的に顧客とより良い関係構築をできるようになります。

4. 旅行業界

ローカライズコンテンツをマーケティングキャンペーンに利用する方法 - 123RF Blog
Airbnbならモロッコの旅行向けコンテンツとしてシャウエンの有名な青い通りを使うこともできます

デジタルデトックスを行ったり、休息やリラクゼーションを求める人が増えるため 、旅行業界は今後数年間で、大幅に成長することが予想されています。

特に従来のホテル行とは違ったAirbnbのような民泊事業は世界的に需要が高まっていて日本でも話題になりました。

このように様々なローカライズマーケティングに着手し、それぞれの特定地域で結びつぎを強めています。

インフルエンサーが地域の流行を助けている一方で、視覚情報に直接訴えることができるストックフォトもそんなマーケティングキャンペーンにおいて重要な役割をはたしています。

どのブランドもインターネット上でマーケティングキャンペーンを目立たせるために、ローカルに寄り添った方法を取っているのです。
123RFのブログではマーケティングのコツについても少しずつあげているので、ぜひ他のマーケティングカテゴリーの記事もあわせてご確認ください。